年間不労所得300万円を目指す「インベスター猫」のブログ

漫画「インベスターZ」をきっかけに始めた投資記録&おすすめの漫画や商品を紹介するブログ。投資総額は4,000万円。TOEIC970点の英語力を活かして米株でFIREを目指します。

励みになりますので、応援お願い致しますm(_ _)m にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

(有望)監視カメラ関連株(国内)

2021年末までに10億台以上の監視カメラが世界で設置される見通しという記事を読みました。

jp.wsj.com

 

 

確かに、今後監視カメラの設置台数は増えていくでしょう。JR東日本も20年までに首都圏全車両に防犯カメラを設置すると発表しています。

 

<防犯・監視カメラ銘柄>

もちろんパナソニックとかキャノンとかカメラ作っている会社は該当するんでしょうが、せっかくなので、より専業に近いところを調べてみました。国内限定です。

 

 

1.あい ホールディングス< 3076>

絶対値の利益は出てるけど前期は減収減益。ただ自己資本比率は70%と財務内容は安定。セキュリティ機器は売上の約25%程度。

 

2.西菱電機<4341>

三菱電機系の販売代理店。販売代理店ってあたりで投資意欲はちょっと薄れます。

 

3.テクノホライゾン・ホールディングス<6629>

売上200億と規模は小さい。ただ監視カメラ・ドラレコクラウド化に強いらしい。車載の方が強そう。ただ自己資本比率は33%とちょっと低め。

 

4.池上通信機<6771>

産業用TVカメラでは世界高シェア。監視カメラもやっているようだけど、必要となる技術が違いそう。売上は260憶くらい。自己資本比率は45%程度あるので、そこまで高くはないけど悪くない水準?

 

5.TOA<6809>

売上は460憶。構内放送設備と防犯カメラが両輪。海外地域体制を拡充しているらしい。自己資本比率が70%を超えていて財務内容も問題無し。

  

6.セコムやALSOK

こうやって調べていくと、実はメーカーよりサービスを売り込めるセコムとかALSOKとかの方がいいように思えてきます。カメラ技術自体は陳腐化してきているかもしれないですものね。

 

セコムの方が業界首位で、海外拠点数も多いため伸びが期待できそうです。次回は、世界の警備業界について紹介します。

 

 

↓インベスター猫が投資を始めるきっかけになった本と漫画。投資を始めない限り、いつまでも資本主義に搾取される人生と気づく。おすすめです。

アマゾンプライム会員なら、インベスターZはPrime Readingで1~3巻が無料で読めます。プライム会員になれば、配送料無料に加えて、Prime Video、Prime Music、Prime Readingが見放題、聞き放題、読み放題。お申込みはこちらからできます。 

 

励みになりますのでぽちっとクリックして応援お願いいたします!!

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

  

人気ブログランキングはこちらから。  

 人気ブログのブログランキングはこちら