インベスター猫の7,000万円投資ブログ

投資記録&おすすめの漫画や商品を紹介するブログ。2018年からの確定利益は1,800万円。優待楽しみつつ米株でFIREを目指します。

励みになりますので応援お願い致しますm(_ _)m にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

映画『キングダム2 遥かなる大地へ』ネタバレ感想

公開初日にキングダム2観てきました!原作ファンとしても大満足でしたので、ぜひ映画館のスクリーンで観ることをおすすめします!前作よりずっとずっとスケールが大きくて面白かったです!

 

ストーリーと役者さんたちにネタバレ一言感想していきます。

 

公式イントロダクションはこちら。

時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信しんと、中華統一を目指す若き王・嬴政えいせい(後の秦の始皇帝)を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」(原泰久集英社)。 累計発行部数9000万部超(2022年現在)の大ヒットを記録している原作だが、その壮大なスケールから実写化不可能と言われていた。しかし、2019年に映画『キングダム』が封切られると、邦画史上最大級のスケールで描かれた本格エンターテインメント超大作として多くのファンの支持を獲得して、興行収入57.3億円を突破。その年の邦画実写作品で見事No.1に輝き、数々の映画賞にも選出されるなど映画界に大きなインパクトを与えた。 続編を望むファンの熱意に後押しされ、プロジェクトを再始動するが、その矢先に、新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるう。当初の制作体制から大きな変更を余儀なくされ、かつてない環境に置かれた制作スタッフやキャスト陣。それでも続編にただならぬ思いを募らせており、その火は決して絶えることはなかった。撮影は厳戒態勢の中、2020年6月から段階的に日本各地や中国などにて行われ、ついに2021年10月にクランクアップ。 前作から3年の時を経て、更なるスケールへとパワーアップを果たし、映画『キングダム2 遥かなる大地へ』としてスクリーンに帰ってくる!!

 

ここからネタバレ感想です。ストーリーと役者さんたちの一言感想です。

 

1.ストーリー

漫画の5巻~10巻くらいの内容をうまく再構成していました。

政暗殺未遂事件、蛇甘平原、羌瘣の祭の3つのストーリーが主です。

再構成のためのオリジナルシーン(夜襲で信と羌瘣が共闘する場面とか)もありましたが、違和感なくうまくまとまっていました。

紫夏の話はキングダム3で登場みたいです。

 

2.信 / 山﨑賢人

アクションがすごいと前評判聞いていましたが、本当にすごかったです。漫画の「誰よりも高く跳ぶ」のを違和感なく表現していました。前作は1対1の戦いシーンがメインでしたが、今作は1対多数で、アクションの幅が広くて、走るのも、跳ぶのも、剣も、馬も、大迫力でした。馬に乗りながらあんなに動けるものなんですねー。

熱くてかっこいい信でした。「グッドドクター」の湊先生や、「劇場」のクズ男や、「羊と鋼の森」の好青年と同一人物だなんて信じられない幅の広さです。

 

3.嬴政・漂 / 吉沢亮

こちらも渋沢栄一と同一人物とは思えないほど嬴政であり漂でした。登場シーンは少ないけれど、威厳がありましたね。「いかに王様っぽく座るかこだわった」と冗談めいて発言していましたが、王様そのものでした!

 

4.河了貂 / 橋本環奈

カンナちゃんはかわいくて好きなんですけど、「実は女の子だけどみんなが男の子と思い込んでいる貂」としては美女すぎてどうにも違和感。まぁ貂自体、現実っぽくないキャラクターだし、場から浮いている存在だから仕方ないですかね。本物の子役の方があっていたかも?

 

5.羌瘣 / 清野菜名

発表されたときはあんまりピンとこなくて、登場シーンの声のかんじとかもわざとらしいかんじがしてしまったのですが、観ているうちになじみました。アクションシーンも、トーンタンタンだけは笑えるシーンになっちゃってましたが、ほかはどれもよかったです。

信との対話や戦いを通しての心情の変化も丁寧に描かれていて、漫画にはないオリジナルな描写でしたが、とてもよかったです。

 

6.壁 / 満島真之介

オリジナルではインベスター猫のお気に入りの壁。かっこよく描かれていました。登場シーン少ないけど、印象に残りました。これからヘタレキャラになっていくのかな?

 

7.尾平 / 岡山天音

登場シーンでは、出っ歯を強調したような表情が気になってしまったのですが、全体通して尾平の存在が戦いの苦しさをよく描いていて、キーとなる表情やシーンがたくさんありました。羌瘣とのからみもよかったです。

 

8.尾到 / 三浦貴大 & 澤圭 / 濱津隆之 & 沛浪 / 真壁刀義 & 羌象 / 山本千尋

よかったです。

 

9.麃公 / 豊川悦司

インベスター猫的には渋いかっこよさで、こういう麃公もいいなと思ったのですが、一緒に観た夫的には「麃公にしては上品すぎる」という感想でした。笑

たしかにちょっとイケメンすぎる麃公だったかな。笑

 

10.昌文君 / 髙嶋政宏 & 肆氏 / 加藤雅也 & 宮元 / 高橋努 & 縛虎申 / 渋川清彦 & 呂不韋 / 佐藤浩市

よかったです。縛虎申はちょっと活舌悪かったけど、荒々しいかんじが原作通りでした。

 

11.蒙武 / 平山祐介 & 呉慶 / 小澤征悦 & 昌平君 / 玉木宏

ちょっとしか登場していないのに存在感が強すぎた人たち。

 

12.王騎 / 大沢たかお & 騰 / 要 潤

さらに存在感が圧倒的だった二人。信と王騎が一番よかったです。仁先生と同一人物なんて信じられない。あの王騎をあんなに王騎として演じられるなんて大沢たかおすごすぎです。大沢たかお以外、「ンフフフフ」をやれる人はいないですね。人選した人もすごすぎです。騰も騰でした。

キングダム2は信が王騎に修行を請いにいくところで終わったので、続編では出番増えるかな?

 

13.続編(キングダム3)のサプライズ映像

エンドロールの最後に続編チラ見せがあります。楊端和の美しいおみ足や李朴の後ろ姿が流れます。李朴は誰がやるのかな?キングダム3は来年公開予定とのことですので、楽しみに待ちたいと思います。

 

 

 

★記載銘柄の推奨や個別銘柄の売買の推奨を行うものではありません★

↓インベスター猫はアマゾンプライム会員なのでPrime Readingで無料の投資本を読んで勉強しています。プライム会員になれば、配送料無料に加えて、Prime Video、Prime Music、Prime Readingが見放題、聞き放題、読み放題。お申込みはこちらからできます。 

 励みになりますのでぽちっとクリックして応援お願いいたします!!

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ